ホーム > プレスリリース > 開港160周年を機に、横浜港とバンクーバー港は、 環境対策において更なる関係強化を図ります

開港160周年を機に、横浜港とバンクーバー港は、 環境対策において更なる関係強化を図ります

カテゴリ:プレスリリース

横浜港とバンクーバー港は、1981年5月の姉妹港締結以来、両港間の貿易発展と経済協力促進を目指して、良好な友好関係と緊密な協力関係を築き上げてきました。横浜港開港160周年を機に、両港は更なる関係強化を図るため、特に環境対策におけるリーダーシップの確立を目指し、2019年10月23日に覚書(MOU)を締結しました。

横浜港はこれまで、International LNG bunkering port focus groupやSEA\LNG等において、バンクーバー港と共に環境対策に取り組んできましたが、2019年10月21日~25日の横浜港開港160周年記念フォーラム(Yokohama Maritime Forum 2019)の開催に合わせ、バンクーバー港が参加する国際港湾環境行動プログラム(World Ports Climate Action Program)に、横浜港は同10月23日に署名し、加盟しました。

両港は、これをきっかけに、様々な取り組みを通じて、両港の益々の発展に寄与できるよう、持続可能な環境対策に今後も取組んでまいります。


左から、Ms. Leslie Teramoto, Executive Director, Investor Service, BC Ministry of Jobs, Trade and Technology, Mr. Fazil Mihlar, Deputy Minister, BC Ministry of Jobs, Trade and Technology, Mr. Tracy Reynolds, Senior Trade Commissioner and Minister (Commercial), Embassy of Canada to Japan, Mr. Duncan Wilson, Vice President, Environment, Community and Government Affairs, Port of Vancouver, Mr. Ronan Chester, Manager, Strategic Environmental Initiatives, Environmental Programs, Port of Vancouver, 弊社諸岡社長、弊社伊東副社長、横浜市港湾局植松政策調整担当理事、横浜市港湾局落合みなと賑わい振興部長、弊社熊執行役員


左から、Ms. Imke Deibel, Advisor, Port of Rotterdam, Mr. Eric Van der Schans, Director of Environmental Management, Port of Rotterdam, 弊社諸岡社長, Mr. Duncan Wilson, Vice President, Environment, Community and Government Affairs, Port of Vancouver, Mr. Peter Alkema Policy Advisor, Port of Amsterdam, Chair of the IAPH CMF Working Group

記者発表資料