ホーム > お知らせ > 横浜港へ新たな北米/欧州航路が寄港開始しました

横浜港へ新たな北米/欧州航路が寄港開始しました

カテゴリ:お知らせ

 弊社は京浜港で唯一の港湾運営会社として、横浜港への定期コンテナ航路とコンテナ貨物の誘致に向けた取組を推進しています。
この度、オーシャンネットワークエクスプレス(ONE)、陽明海運、ハパックロイドおよびHMMによるザ・アライアンスの北米/欧州航路FP2がサービスを開始し、5月28日に横浜港南本牧ふ頭へ第一船「ONE COLUMBA」(14,000TEU級、総トン数:145,647トン)が入港しました。
FP2は、北米と欧州を接続する振り子配船サービスであり、14,000TEU級の船舶18隻により運航されます。