ホーム > プレスリリース > 東京湾にて船舶向けLNG燃料供給事業を行う 「エコバンカーシッピング株式会社」を設立しました

東京湾にて船舶向けLNG燃料供給事業を行う 「エコバンカーシッピング株式会社」を設立しました

カテゴリ:プレスリリース

住友商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:兵頭 誠之)、上野トランステック株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役会長兼社長:上野 孝)および横浜川崎国際港湾株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:諸岡 正道)(以下「3社」という。)は、東京湾での船舶向けの液化天然ガス(以下「LNG」という。)燃料供給事業を実施すべく、合弁会社として「エコバンカーシッピング株式会社」を設立しました。

3社はLNG燃料供給事業を行うにあたり、2018年5月に国土交通省港湾局所管の「港湾機能高度化施設整備事業」へ申請し、6月に採択されました。今回新たに設立した「エコバンカーシッピング株式会社」は、国土交通省の支援のもと、LNG燃料供給船の建造・管理運営を行います。

現在、主な船舶燃料として使用されている重油に比べてLNGは環境負荷が低く、硫黄酸化物(SOx)約100%、窒素酸化物(NOx)約85%、二酸化炭素(CO2)約25%の削減が見込めることから、国際的に2020年から強化される船舶の排出ガス規制に向け、より将来性のある燃料と位置づけられています。

エコバンカーシッピング株式会社の概要や本件に関する問い合わせ先については、記者発表資料をご確認ください。
記者発表資料